【代理出産レポ③】代理母の検診に立ち会うクライアント

2019年05月17日 | 代理出産 |  コメント (4)

この記事をシェア!
この記事をシェア!

アメリカで10年、代理出産のコーディネートをしているミラクルベビー石原です。

代理出産のクライアントさんが代理母の出産のために渡米されている様子をお届けしています。

前回はこちら
【代理出産レポ】代理母の出産に立ち会うためにはいつ渡米するべき?
【代理出産レポ】出産直前!アメリカに到着してからの過ごし方


クライアントさんは代理母の出産のため渡米され3日目に、代理母の出産する病院近くのホテルに移動しました。
渋滞がなければここから車で1時間半ほどの所です。そこで出産まで待機します。


アメリカに到着してからみなさん、交通手段はどうしているのでしょうか。
代理出産で渡米されるクライアントさんでレンタカーをされる方は最近はあまりいらっしゃいません。
以前はほとんどの方がレンタカーを利用されていましたが、最近はUber(ウーバー)というものを利用されています。タクシーよりも安価でアプリを入れれば簡単に呼べ支払いもアプリ内でカード精算が出来ます。降りる際の面倒な会話などは不要ですので英語が苦手!っていう方でも抵抗があまりないようです。荷物の多さにより呼ぶ車のサイズも選べるのも便利です。


Uberは全米で使用できます。そこそこ大きな市ではUberが結構その辺をうろうろしているので呼べば5分くらいで到着します。
ですが、ちょっと田舎の方に行くと来るのに20分かかったり行き先によっては呼んでいてもキャンセルされることもあります。


今回のクライアントさんも、Uber初挑戦だったのですが今はもう慣れて色々利用されているようです。


さて代理母が産科医との検診があるということなので、朝クライアントさんのホテルにお迎えに行き一緒にドクターのオフィスへ向かいました。
検診のみの場合、通常ドクターの個人のオフィスで行うことが多いです。ここは出産をする病院ではなく、多くの患者さんが待合室にいました。


代理母とは以前ビデオコールでの面識があったのですが、クライアントさんも私も実際に会ってみて「若い!元気!アクティブ!」が印象でした。お腹も小さめ、妊婦にもあまり見えないです。なんてったって20代です。妊婦生活まったりという感じは全くなく、男の子一人のお母さんでもあるせいか「常に息子に振り回されて忙しいのよー」と言っていました。


「お腹触っていいわよ。あなたの子よ!」って言ってくれたのでクライアントさんはそっと撫でていました。


そんな会話をしながらみんなで予約時間を待っていましたら、急に受付から「今ドクターは出産にでかけました。すみませんが、午後に予約を取り直して下さい」とアナウンスが・・。
ということで午後の時間に予約が変更になってしまいました。


代理母は「これから仕事なのよ。で、午後は息子の学校が終わった後だから連れてくるわね」ということで、すぐお別れして再度午後にここに来る事に。


やっと午後になってドクターが診察にやってきました。男性で筋肉もりもりマッチョな頼もしい感じの先生です。


まず子宮口を確認しましたが「まだ全然開いていませんね~。何もなければ来週またきてね」と。。。あれ、まだ全然出産が近いという気配もないってこと?また「陣痛は5分おきに20分くらい続いたら連絡下さい」と言われていました。


赤ちゃんの成長をみての予定日と、胚移植日から計算した予定日と数日のずれがあったのですが、だいたいここ1週間くらいのうちには生まれるかなとの私達の予想でしたが、あくまでも予定日は目途でしかないですものね。


また、「もうだいぶ赤ちゃんが下の方におりてきていて圧迫感があって夜も8回ほどお手洗いに起きてしまうのですが」と代理母がお話すると
ドクターは「寝る前2-3時間は水分を控えて下さい」と言っていました。
ろくに寝れていないのはかわいそう。


こんな感じで簡単に検診は終わりました。
クライアントさんもドクターに会えて「この先生がお産をしてくれるんですね~」と安心したようです。


代理母にはちょっと前には伝えておいたのですが再確認で、「出産のお部屋にクライアントさん入ってもいいですか?」と聞いたら「いいですよ!」と言ってくれ、へその緒を切らしてもらうことも伝えておきました。


無事にお産の日を迎えられますように。

続きはこちら④【代理出産レポ④】陣痛開始から出産準備まで


代理出産についての他のブログも読んで下さいね!

アメリカ代理出産についてのよくある質問

代理母出産の知らせを受けたら親がすぐ渡米しなければならない理由

代理出産 代理母破水かも。。

アメリカ代理出産の流れ-1 【初回相談から着床前診断まで】

アメリカ代理出産の流れ‐2 【着床前診断結果から代理母決定まで】

もうすぐ代理母が出産、いつ渡米したらいいの?

シングルでも家族がもてた・・・(体験談)




ミラクルベビーでは、皆さまがアメリカの代理出産のプロセスを安心して行えるよう、日本語でご説明、サポートします。

私石原は、代理出産でわが子を授かった自身の経験もあり、クライアント様のお気持ちに寄り添って進めていくことを大切にしています。

代理出産についてご質問やご興味がある方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

SNSでも情報発信中。こちらもフォローしてくださいね!

ミラクルベビーTwitter ←毎日更新中!

ミラクルベビーFacebook ←Facebookでのご相談も受け付けています

この記事をシェア!

↓ランキングに参加中
↓クリックして応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村

4 件のコメント

コメントを残す