アメリカ代理出産についてのよくある質問

2018年08月31日 | 代理出産 |  コメント (0)

この記事をシェア!

#アメリカ代理出産 #代理出産 #代理母出産 #代理母 #代理出産エージェンシー

 

こんにちは。代理出産コーディネート歴10年以上の石原です。今日は代理母、代理出産についてのよくある質問をまとめます。

 

代理母はどんなことがきっかけで代理母になるのでしょうか

 


 

代理出産エージェンシーへ登録を希望する代理母は何を見て来る人が一番多いかと聞きましたら、「知り合いの人が代理母をしたことがあってそれを見て素晴らしいと思った。自分もしたいと思った。」という、いわゆる ”紹介” が多いのだそうです。代理母になることはすごく大きな試みですので、周りに経験者がいるというのは心強いですね。

 

 

ミラクルベビーが紹介する代理出産エージェンシーの特徴はありますか

 


 

私がアメリカの大手の代理出産エージェンシーと一緒に仕事をしているのは、アメリカの社会の中で、代理母にも大きなネットワークがあると知ったこと、代理母自身が代理母としてマッチングが確定した後も、代理母同士で情報交換やカウンセリングを受けられる多くの機会をエージェンシーが設けているということが理由の一つです。それはサポートミーティングという形で毎月行われ、代理母が実際に出向いたり電話で参加するのですが、代理母への精神面のサポートがかなり充実しています。代理母になった経験のあるスタッフも多いのが特徴です。代理母の集まりも定期的に行っており、横のつながりが出来るというのも代理母にとってはとてもうれしいことだと思います。

 

 

 

日本の代理出産エージェンシーとどこが違うのでしょうか

 

日本人の経営している代理出産エージェンシーでは、こういう大きな代理母のネットワークを持っているところは見たことがありませんし、代理母同士の情報交換の場などを常にもてるようなサポート体制が整っているところも無いでしょう。また、アメリカの大手の代理出産エージェンシーに比べると代理母登録の多さは太刀打ちできないと思います。登録が多ければそれだけマッチングに早く結びつくという点がメリットですね。

 

 

アメリカ以外の国の代理出産で気をつける点はありますか

 


 

他の国、特に発展途上国での代理出産はカウンセリングなどのサポートがきちんとされているのかも比較のポイントとなると思います。代理母が心身ともに健全で妊娠期間を過ごすことが出来るよう心理面はとても大事な部分です。アメリカと比べ他国は代理出産プログラム料金が低価格であることは魅力かもしれませんが、それだけで代理出産を受ける国を選んでいいのかどうかをよく見極めることが大切かと思います。

 

また代理母とのコミュニケーションも大切です。アメリカの代理母は依頼者さんんと連絡を取りあって色々なことをシェアしたいと思っています。出産までの旅を苦しみも楽しみも分かち合って、一緒に進んでいきたいというスタンスです。お互いに人間ですから、”リスペクト” があって成り立っているのですね。ある国であった実際の話ですが、写真を見ただけで代理母を決め、一言も話さないうちに出産となり赤ちゃんを引き取に行く・・・。これが普通で当たり前に行われている。その国のスタンダードなのでしょうか。アメリカの代理出産から見るとかなり違和感を感じます。「代理母は産むマシーン。お金は払うから、産んでおいて・・・」代理母がどのように感じるでしょうか? 国が違うと代理出産プログラムも様々ですから、自分の希望に沿った所を選びましょう。

 

あとは、その国の治安や衛生面も大切な部分ですね。発展途上国と先進国では衛生面の感覚がまず違います。貧富の差が激しい国では、綺麗な所もあれば、一本道を入ればびっくりするような汚い所もある、そんな光景がテレビでも良く映し出されるので、代理母がどのような環境で生活しているのかは気になるところですよね。貧困層の人が代理母になることが多いというある国の話を前にテレビでみましたが、代理母の家には半分屋根がありませんでした。依頼者さん、知っているのかな? と思いました。

 

 

代理出産では代理母の血が子供に受け継がれるのでしょうか

 

答えは「NO」です。代理母が取った栄養は子供に行きますが、血は全く受け継ぐことはありません。なので代理母の人種が何であっても子供には関係がありません。

 

 

今体外受精をしていますが、何度受精卵を移植しても着床しません。私の子宮が問題なのではと思いますが、代理母にお願いできますか。

 

着床しないのは子宮の問題と思う方が結構多いのですが、原因は卵子の質の問題も考えられます。年齢と共に卵子の質が低下していくため着床する力も無くなっていきます。子宮に着床の妨げになるような原因があれば別ですが、そうでない限り、選択するのは代理出産ではなく ”卵子提供” が適していることが多いです。

 

代理母が途中で流産した場合、謝礼金はどうなるのでしょうか

 

代理母への謝礼金の支払いは、妊娠確定時(胎児の心拍確認時)に開始され毎月分割で支払いがされていきます。流産してしまった場合はその時点で謝礼金の支払いは停止されます。

 

 

代理出産のよくある質問はこちらにもあります。https://miraclebaby.us/surrogacy/index.html




代理出産で子を授かった経験者が随時ご相談に応じています ! お問い合わせはこちらからどうぞhttps://miraclebaby.us/contact.html

↓ランキングに参加中
↓クリックして応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ

コメントを残す