【精子提供レポ③】薬の購入と契約

2019年08月27日 | 精子提供 AID 精子バンク |  コメント (0)

この記事をシェア!
精子提供ならロサンゼルスのミラクルベビー
この記事をシェア!

アメリカでの精子提供のコーディネートをしているミラクルベビー日本窓口の中村です。
今回、シングル女性が精子提供プログラム(体外受精)を受けるための初回渡米に付き添いましたので
その様子を現地レポートしています。
※今回のブログでは顕微授精等の治療を含めて『体外受精』と記します。

 

前回のレポはこちらからどうぞ

【精子提供レポ①】シングル女性の渡米と初診
【精子提供レポ②】運命♡精子ドナーとの出会い

 

クライアントさん「ゆっくり眠れました」
「昨日夜、ドナーさんを探していました。28人まで絞りました!」
笑顔で話す彼女、ウキウキのご様子でした。

 

10時30分にホテルにお迎えにあがり、ロサンゼルス中心部の薬屋さんに向かいました。
不妊治療の薬は特別なので普通の街中の薬局にはおいていませんので、専門の薬局に購入に行きます。
処方箋はすでにクリニックから薬局に送られているので、クリニックに行き受け取る必要がないのが日本と違うところです。

 


土曜日午前中だったこともあり、薬局は比較的空いていました。
まず受付で用紙に患者さんの名前を書いてそこで今日買って行きたい薬の種類と量を伝えました。
受付から15分程度待って名前が呼ばれ薬と薬の保存方法などの説明を受けました。
持ち帰るのに冷蔵を要する薬もあったので、薬局の人がアイスパックを一緒につけてくれました。

 

何故、今回薬を買い日本に持って帰るのかといいますと、採卵サイクルが開始した後、日本で誘発剤を開始して途中から渡米するという流れにすると、少し滞在期間が短くなるためです。
少しでも滞在日数を縮めたいのはみなさん同じということで、精子提供プログラムを受けるほとんどの方が、採卵の時の誘発の薬を初回渡米に購入してもって帰るそうです。
クライアントさんは6日分の薬を購入しました。


誘発剤はこんな感じです。

 

薬局での購入にかかる時間は待ち時間を含めても30分以内で終了しました。

 

ミラクルベビーオフィスへ戻る最中、クライアントさんはzzz…。

 

「お嬢様、お嬢様~」と起床のお声かけ。
車内で眠ってくださるのは、ある意味リラックスしてくださっているということ、私たちにとっては嬉しいことです。

 

少し眠ると、やっぱり違うんです。
同行した私にも睡魔が襲う瞬間が幾度となくありましたが、なんとか持ちこたえました。

 


この時期のロサンゼルスは日本の太陽のエネルギーが4倍になるそうです。
日焼け対策はお忘れなく!!日焼け止めはもちろんのこと、帽子やサングラスもあると助かります。
あとは室内は冷房が効いていますので、寒さが苦手な方は羽織るものをご持参くださいね。
太陽の下は日差しが強く暖かく感じるのですが、日陰に入ると湿度がないせいか寒く感じる方も多いということです。

 

ミラクルベビーオフィスで、処方された薬の説明をクライアントさんにしたのですが、
注射の打ち方は動画で薬ごとに日本語で見ることができるのでとても安心です。
今ここで覚えていかなくてももちろん、大丈夫です。
採卵のサイクルが開始する前にまたじっくり見ることにして、今はどんな感じというのだけ
把握していれば良いですよ~とお伝えしました。

 

その後、ミラクルベビーとクライアントさんの間の契約をしました。
内容は「体外受精のサービスに関する同意」です。
精子ドナー決定も真近、薬の調達もできましたし、心は採卵に向けてという感じです。
あとは先日クリニックで受けた検査結果を待つのみです。
そして、コーディネート費用は日本に帰国後送金して頂くことになります。

 

処方された薬の説明と契約に約2時間ほど要しました。
持ち帰る薬は箱に入っているものが多いので、多少かさばりますが、箱から出してしまえば意外にスマートです。
次回行う採卵のための排卵誘発剤は日本と同じく自己注射です。

 

やっとこれで初回渡米のやるべきことが終了しました。

 

お腹もすいてきたので、ホテルの近くまで移動しレストランで遅いランチです。
ハワイから来た“POKE”という料理を食べました。


画像に残すのを忘れてしまいましたので、ホームページの画像をとってきました。
このPokeはまずベースをライスやサラダ、ヌードル、トルティーヤチップスから選びます。
マグロや白身魚、タコ、ホタテ、エビなどの海産物に枝豆やコーン、パクチーきゅうりなどの野菜をトッピングし、お好みのソースを選んで、魚介と野菜を混ぜ合わせます。
それをベースの上に盛ります。また、カニカマや味付けされた海藻などを添え、ふりかけやフライドオニオン、フライドガーリック、ナッツなどをふりかけて食べる日本人になじみやすい料理です。

 

私は、様々な味を楽しみたく、お店がおすすめしているワサビ醤油、味噌マヨネーズ、チリソースなどをミックスしたソースを選びました。
欲張ったあげく、最後にチリソースの唐辛子にやられて、大量に水を飲まずにはいられませんでした。
実は時差ぼけで日中は眠気が襲っていたのすが、このPokeの辛さで吹き飛びました。
Pokeを食べる機会があったら、是非。
辛さには十分気を付けてくださいね。

 

夕方解散して、最終日3日目が終了!!!

 

翌日昼の直行便でクライアントさんは日本に出発されました。
私も同日に他の航空会社を利用しての帰国だったのですが・・・な・なんと、彼女がわざわざ搭乗直前に私の乗る飛行機の搭乗口まで来てくれたのです!!!
嬉しかったぁ♡♡♡
広い広いロサンゼルス空港を移動してはるばる会いに来てくれたなんて・・・
サプライズに感激でした!!!

 

帰国後、精子ドナーを最終毛一定し、次に行う採卵に向けて、精子バンクから移送する手続きも完了しました。
そのドナーさんとは・・・
初回渡米の時の第一印象で購入した、ミラクルドナーさんです!!!

 

これから彼女の治療は採卵、胚移植と続きます。
私達ミラクルベビースタッフは彼女の今後を全力で応援します!




ミラクルベビーでは、皆さまがアメリカでの精子提供のプロセスを安心して行えるよう、日本語でご説明、サポートします。
女性お一人でも海外旅行が初めてでもご安心下さい。女性スタッフが丁寧に対応いたします。

 

【精子提供プログラム 個別相談会のお知らせ】

2019年9月1日(日)東京で精子提供プログラムの相談会を行います。
無精子症でお悩みの方、シングル女性、レズビアンカップル、まだ決断できないけれど情報は得ておきたいと思っておられる方、是非お越し下さい。
ご質問、ご予約はお問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

精子提供に関するブログも良かったらお読み下さいね!

止まらない。日本の「精子ドナー不足」の理由
日本では男性不妊が不妊で悩む人の約半分を占めているのにも関わらず、そういう人達がなかなか治療ができなくて困っているそう。それはどうして?

精子ドナーには3種類あるってご存知でしたか
子供と精子ドナーが将来会えることはあるの?そんなチャンスを残しておけたらいいなあ。

日本の精子提供は危機!精子を求め向かう先が何故アメリカなのか
日本では精子提供を受けても人工授精しかできないと言われている。成功率が低いのに何年も続けるのはどうなんだろう。私が歳をとってしまう前にアメリカも考えてみようかな。

 

SNSでも情報発信中。こちらもフォローしてくださいね!

ミラクルベビーTwitter ←毎日更新中!

ミラクルベビーFacebook ←Facebookでのご相談も受け付けています

この記事をシェア!

↓ランキングに参加中
↓クリックして応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村

コメントを残す