代理出産、卵子提供の経験者によって作られたロサンゼルスの卵子提供エージェンシーです。

ただいまの現地時間

卵子ドナー登録をご希望の方へ

ホーム > 卵子ドナー登録をご希望の方へ

卵子ドナーをお探しの方 その他のサポート 体験談・不妊関連ニュース

代表者プロフィール

石原理子
Miracle Baby代表

アメリカ在住23年 ロサンゼルスで卵子提供のエージェンシーをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

卵子ドナー登録の基礎知識

卵子提供をするということは、第三者のご夫婦に卵子ドナーの遺伝子が入った子供が授かるということです。遺伝子的には卵子ドナーと血のつながりがあっても、親権は放棄しなければならず、依頼者のご夫婦が親権を取ることになります。ここアメリカでは、卵子提供に関しての法律が整備されており、依頼者側だけでなく卵子ドナー側にも弁護士が付きドナーの立場も考慮した卵子提供契約を結びます。

ドナー登録をするにはどのような条件があるのでしょうか?

  • 年齢20歳から30歳までの健康な方
  • 責任感のある方
  • 遺伝性疾患、性病を含む感染症の無い方
  • 精神安定剤、不法薬物を服用していない方
  • 自己注射に耐えられる方
  • タバコを吸わない方
  • スケジュール調整が可能な方

* 過去に提供経験がある、または1人でも子供を妊娠・出産経験のある方は歓迎します。

卵子を提供するまで、どのような流れで
進んでいくのでしょうか?

  1. 卵子ドナー登録の問い合わせ
  2. 弊社とのインタビュー
  3. 登録
  4. 依頼者とのマッチング
  5. 弊社とのサービスに関する契約
  6. 医療検査、心理鑑定、遺伝カウンセリング
  7. 依頼者との卵子提供契約
  8. 投薬開始
  9. 採卵
  10. 謝礼金受け取り

詳しくは こちら をクリック

卵子ドナーへのリスク・副作用について

卵子ドナーには、排卵誘発剤を打って頂くことになります。排卵誘発剤を使用する場合、副作用が出る方がいらっしゃいます。人によっては頭痛、腹部が張る感じを受けたり、生理前のような不快感を受けたりすることがあります。また、稀に、卵巣過剰刺激症候群(Ovarian Hyperstimulation Syndrom-OHSS)といって、卵巣が過剰に反応して腫れたり、腹水がたまるような症状が出る方もいらっしゃいます。

これらの副作用をなるべく最低限に抑えるために、医師が卵巣やホルモン値をチェックしながら、薬の効き具合、卵巣を刺激しすぎていないかなどを確認し、進めて行きます。

謝礼金

卵子ドナーが、採卵が終了するまでの期間に割いた時間、労力、献身に対して、謝礼金が支払われます。弊社では$7,000 - $10,000(経験者は優遇)ですが、条件によって違ってくることもあります。謝礼金は、採卵終了後にお支払いを致します。また、採卵に至った場合、依頼者が妊娠したかどうかにかかわらず謝礼金は支払われます。日本では、営利目的や卵子売買とみなされるため、謝礼を受けることは難しいとされています。

経験者は優遇いたします。

自ら卵子提供を体験した弊社スタッフからのメッセージは
こちら

母親と赤ん坊
卵子ドナー登録をご希望の方 専用お問い合わせフォーム