男性不妊治療 助成が倍増

2018年12月23日 | 不妊 |  コメント (0)

この記事をシェア!

不妊治療で男性側の原因があって、精子を採取する手術を受けた場合、初回の助成を今までの15万円から30万円に倍増させるという方針を厚生労働省が固めたとのニュースです。体外受精と人工授精が対象となり、夫婦の合計所得が730万円未満、妻が43歳未満であることが条件。



不妊は女性の問題と考えられがちですが、男性側にも原因があることが半数はあると
WHO (世界保健機構)でも言われています。このような恩恵を受けられることで
手術を受けるよう踏み切れたりと、助かるご夫婦も多いことでしょう。

↓ランキングに参加中
↓クリックして応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ

コメントを残す