代理出産、卵子提供の経験者によって作られたロサンゼルスの卵子提供エージェンシーです。

ただいまの現地時間

卵子ドナーをお探しの方へ

ホーム > 卵子ドナーをお探しの方へ > よくある質問

卵子ドナー登録を希望される方 その他のサポート
体験談・不妊関連ニュース

01.14.2019 

ミラクルベビー 日本不妊治療業界の大異変となる着床前スクリーニング PGS PGT-A 

#着床前スクリーニング #PGS #PGT-A  #着床前診断 #不妊治療 #流産 こんにちは! アメリカで体外受精のコーディネートをしているミラクルベビー石原です。世界40カ国以上で実施されている着床前スクリーニング(PGS, PGT-A)。日本では2018年12月時点で産科婦人科学会は、臨床研究を今後も続けるという意向を発表しています。染色体異常をもっている受精卵を除くという行為が「命の選別」…
続きを読む

01.07.2019 

日本初・受精卵の成長の映像がアプリによりスマホで閲覧可能

#受精卵成長 #胚成長 浅田レディースクリニック(名古屋)は2019年1月4日から、患者さんがスマホで移植する受精卵の映像の閲覧サービスを開始したということです。日本不妊治療クリニック初。ただ見れるだけでなく専門的説明は医師から受けられるのでしょうか?素人には成長の動きが良いのか悪いのか理解が難しいですよね。 プレスリリース配信@Press

12.23.2018 

男性不妊治療 助成が倍増

不妊治療で男性側の原因があって、精子を採取する手術を受けた場合、初回の助成を今までの15万円から30万円に倍増させるという方針を厚生労働省が固めたとのニュースです。体外受精と人工授精が対象となり、夫婦の合計所得が730万円未満、妻が43歳未満であることが条件。 不妊は女性の問題と考えられがちですが、男性側にも原因があることが半数はあると WHO (世界保健機構)でも言われています。このような恩恵を…
続きを読む

12.12.2018 

エッグドナーのインタビューで感じたこと

こんにちは。卵子提供エージェンシー、ミラクルベビー石原です。今日はエッグドナー登録をしたいという20代の女性のインタビューをしました。 「他エージェンシーでも登録していますか?」と聞きましたら、 「はい、していたんですが・・・そこは登録を止めようと思っているんです」 「何故ですか?」 「XXXXXという卵子提供のエージェントで登録をしたんですが、登録から依頼者さんとのマッチングまでが、全てメールで…
続きを読む

12.10.2018 

テスト 不妊治療に対する日本の民間医療保険を調べてみました

こんにちは。日本の方への不妊治療をアメリカでコーディネートしているミラクルベビー石原です。日本の不妊治療への助成金、いつになったら見直しされるのだろうか。待てども待てども国の対応は見通しが見えず途方に暮れる不妊治療患者達。費用面で不妊治療を少しでもカバーしてくれる保険はないものか、日本の民間の医療保険を少し調べてみました。様々な疾病を保障するものがあり、たくさんの保険会社で様々な商品を販売していま…
続きを読む

代表者プロフィール

石原理子
Miracle Baby代表

アメリカ在住23年 ロサンゼルスで卵子提供のエージェンシーをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

ネット放送(TJS ラジオ)
前半
後半

よくある質問

A. 弊社はスタッフが不妊治療の経験者や、卵子ドナーとして多くの経験があり、お客様一人一人に対してのパーソナルケアが充実しています。実体験をもとに、経験者にしかわからないことなどの、たくさんの細かな点を配慮したサービスを徹底しております。

A. 卵子ドナーの写真複数枚と、その方に埋めて頂いた直筆の質問書をお見せします。それには、健康状態、学歴、妊娠歴、過去の病歴、治療歴、家族の健康状態、精神的病歴、過去の卵子提供の経験有無とその結果、幼少時代のこと、家族との繋がり、兄弟姉妹や子供について、性格、特徴、趣味、特技、何故卵子提供をしたいのか、など多岐に渡る質問の答えが書かれています。加えて、自分、家族の遺伝子疾患に関しての情報をお見せします。卵子ドナーのフルネーム、住所、電話番号などの個人を特定できる情報は提供しておりません。

A. 弊社では卵子ドナーの登録にあたり、お顔をみてのインタビューを必須としており、卵子ドナーとして相応しいかどうかのスクリーニングに力 を入れています。インタビューには充分な時間を取り、卵子提供に対しての理解はもちろんのこと、責任感があるか、印象、色々な会話を通して感じたこと等、できるだけ多くの情報を依頼者のご夫婦にお伝え出来るように心がけています。電話やウェブサイト上で、ドナー登録が簡単にできるエージェンシーも 多くありますが、弊社は依頼者のご夫婦に、弊社が インタビューをしていない卵子ドナーをご紹介することは致しておりません。時間をかけて卵子ドナーとお話しをした上でご紹介することに努めております。不妊治療の経験者だからこそ出来る、依頼者のお気持ちを考慮してのサービスを徹底しております。

A. 通常、卵子ドナーと依頼者が会うことはありませんが、双方が望めば電話で話したり会うこともできます。

A. 個人差がありますが、通常卵子ドナーと正式なマッチングがされてから3ヶ月半から4ヶ月程で受精卵が移植できます。

A. PGS(Preimplantation Genetic Screening)というテストをすることにより 男女の産み分けができます。体外受精のあと、受精卵から細胞を取り出して、染色体異常や、遺伝子の異常を見分けるものですが、その際に性別が調べられます。

A. 担当医師との話合いによって決められるのがよいでしょう。若く質が良い卵子は妊娠しやすいため、戻す受精卵の数によっては、双子、三つ子の可能性も高くなります。双子以上の妊娠のリスクをよく理解した上で移植数を決めてください。

A. 全てのクリニックが、全く同じ状況においての成功率を計算しているわけではないので、50%代から 90%代と大きな開きがあり比較するのが難しいとされています。成功率の比較をする場合には、同じ算出方法で比較をすれば、信憑性は出てくるでしょう。

A. はい、出来ます。ただし弊社のご紹介先以外で遠方ですと追加料金が発生する場合もございます。

A. 卵子提供のプロセスの中には、卵子ドナー探し、スクリーニング、医者の選択、法的契約書、心理鑑定などありとあらゆるコーディネートを必要とします。これを本人が全て行うとしたら、自分の不妊治療以外に、多大な時間と労力、それから、正しい選択のための情報ネットワークが必要となるでしょう。また、依頼者と卵子ドナーのプライバシーの保護確立も難しくなるでしょう。効率よく全てを進行するために卵子提供エージェンシーのサービス が役立ちます。